ビビる君の仮想通貨日記 四:マスコミの報道はななめ読みしちゃいましょう。

こんばんは

 朝晩すっかり涼しくなってきましたが、仮想通貨界隈はまだまだヒートアップしていますね。

 ほんとに日々新情報が飛び込んできて飽きることがありません。

 その分、新しく参入したいな、という方にとってはどのステップから理解していけばいいんだ?とばかりに敷居が高い世界になってしまいそうで、それはそれでもったいない。

 ここ数日話題の中心となっているのはこちらの話題です。

 

[http://:title]

 

 ポイントは下1/3 位の記述。

 そもそも通貨の発行権というものは国家にある。

 仮想通貨というものは国家権力以外のものが独自に発行、運営しているものであり本来的な姿ではない。いつかは国家、政府に収れんされるべきものである。

 ICOという仕組みで資金を集める手法はその考えにもとるので、禁止!

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51GUh2BvqiL._SL160_.jpg

Amazon CAPTCHA

最近ちょっと話題になりましたこの本、ロゴフ教授の説明でも

貨幣ってのはいつかは政府に取り込まれる運命なんだよね、とされていました。

 

そんな流れを受けての今朝の日経

www.nikkei.com

 

この記事ずるいなあ、と思うんですよね。

それらしい材料を並べた上で、

ビットコイン値下がりした

ビットコイン値下がりした

ビットコイン値下がりした、と連呼。

。。。。。でも

直近では値上がりしているみたい。

もう底打ったかな?

 

なんだそりゃ

 

言われなくても、こまめに販売所のレート確認している僕らは知ってますよ。

 

ほら。

 f:id:no20170416:20170906234935p:imagef:id:no20170416:20170906234944p:image

 

 

 

 

 

 

確かにビットコイン値下がりしたけど、10日前の値段に戻した程度でしょ。

これでビットコイン神話崩壊!とか言えるんかな。

 

仮想通貨関連の新聞報道は、本当に遅いし不正確。

たまたま自分が仮想通貨について早い情報入れられてるから気付けるだけで、他のジャンルについても結構眉唾な情報上げているんでないかな?

と思ってしまいますよね。

 

そもそも国籍も実態もない仮想通貨を、各国政府が取り締まることなんてできるのかな?

 

大手マスコミの情報だからって、うのみにするのは危険です。

しみじみ

 

追記

昨日慌てて損切りした中国の仮想通貨NEO

こちらは予想通り緩慢に値下がり続けているようです。

 f:id:no20170416:20170906234958p:image

Twitterで警告してくれた人気ブロガー玲奈さんに感謝しきりです。

 

 

さて明日はどんな話題が出てくるでしょうか。

仮想通貨取引で発生した利益への課税とか、方針決まりそうですね。