ビビる君の仮想通貨日記 弐:弓矢を置いて、罠を仕掛けよう

こんにちは。

昨日ブログを書いてすっきりした気分で一日過ごしていたのですが夕方になって急変。

 f:id:no20170416:20170905074020p:image

なんだこれ。。。

インチェックで取り扱っている主要な仮想通貨が軒並み下落しちゃってます。

 昨日の朝、一週間前の単価まで値下がりしていた仮想通貨を購入。うまいこと買えたよね~。とホクホクしていたのですが、その単価を超えて値下がりしちゃってます。

 

なんてこった。。。。

しかしこれ、ひと月前のレートと比べるとまだまだ高いし、そんな凹むほどでもないかな。それよりこのチャンスをうまく生かさないとね。

 

それでも何をどう買おうか、決めきれずに寝てしまいました。。。

 

朝目覚めてスマホを見ているとこんな通知が来ていました。

 f:id:no20170416:20170905074034p:image

ありゃ、XEMの購入ができてる。

 

 

取引所 Zalifの購入画面はこうなっています。

 f:id:no20170416:20170905074044p:image

自分の希望する価格になったら何口購入しますよ、という「指値

今の単価で即購入しちゃいます、という「成行」

 

Zalifの場合、指値がデフォルトになっているのでそんなに意識しなくても指値を選んでしまうんです。

 

今までも、指値で買ってました。

 f:id:no20170416:20170905074102p:image

それで今回の購入がどうだったかご覧ください。

 f:id:no20170416:20170905074113p:image

 

なんと、30円まで下げてから価格反転!

いい感じで昨晩の底値で購入できてますねえ(笑)

 

 

このままずるずると25円まで下がってたりしたら「あーもっと低く指値設定しておけばよかった」と、うれしさ半分、がっかり半分ともなるのですが今回は大成功。

 

自分の希望価格に達したら買う、というやり方は他の販売所でも可能。

 

ただし、業者からの購入ではなく取引所で値段で売りたい!買いたい!という人がいたら取引できる。という仕組みです。

発生する手数料は売買所での取引より安いことが多く、その一方この方法で購入可能な通貨は少ないです。

 

やはり、手段によってメリット、デメリットはあります。

 

狙った獲物を弓矢でずっと追い続けるもよし、罠を張ってじっくり待つもよしです。

 

今日はどんな一日になるんでしょうか。

昨日よりちょっと上がってそうな気がします。