30分で1600円。得?損?

父の日が近づいた。

近所のスーパーに、あの「獺祭」があった。

matome.naver.jp

umasake.top

f:id:no20170416:20170601232310j:plain

お、これをプレゼントにすればおやじ喜ぶかなあ、と思い、手にとってレジへ。

すると、売り場の表示が4700円だったのに、レジでバーコード通すと6300円。

おかしくない?と売り場担当に話をし、なんだかんだで差額を返金してもらった。

1600円得したのかな、と思いはしたものの、このスーパーにいた時間が約30分。

こんな出来事なしで、時間のロスなく6300円で買うのか

30分時間を失ったものの1600円返金してもらうほうが得なのか

 

自分にとって30分って何なんだろう、と思ってしまった。

 

ネットで活躍している人だったら

30分で1600円なんて安すぎ!その時間で百万稼ぐ方法考えろよ、だろうし。

 

おまけに、アマゾンで調べてみたらこの商品3400円で売っていた。

店頭での衝動買いは、高くつくとわかった。

 

時間とお金を天秤にかけるって、難しいな。

30分かけて書いたブログの価値って、いくらなんだろう。

 

ネット民でない親父が、ネットで盛り上がっている獺祭手にして、果たして喜んでくれるかな、とも思うし。

 

まあいいや、紹介記事印刷して、持っていくこととしよう。