【英語日記】やっぱり英語に触れる毎日は楽しい

今の自分には英語は不要です

 日本人に英語は不要です。

今の自分にとっても、それはそうです。

20年以上勉強して、TOEICで一時的に600点台とっても、

日常生活や業務で使わなければたちまちスキルはさびてしまいます

英語を話す外国人の友人はほとんどいません。

 

 海外勤務希望し続けても、会社の人事の壁に跳ね返されていて一向に叶う気配がありません。なので、英語使って輝いている人の投稿とか見ているとちょっと妬けてしまってつらいのです。

 

というのが先週までの話。

 

ソーシャルメディアを使って英語を楽しむ方法

バカが多いのには理由がある (集英社文庫) | 橘 玲 |本 | 通販 | Amazon

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61RmPwPUAqL._SL160_.jpg

先日、橘玲さんの本を読みました。

 メディアにおどるいろんな記事や情報は、送り手の立ち位置を正当化するようなものがほとんどだし、受け手のリテラシーに合わせたものでしかないともいえる。

 だから、バカにならないよう色んな情報を自分で集めなさいね

 という内容だと自分は理解しました。

 

 その内容をレポートにまとめてFacebookに挙げたところ、コンサルタントの赤羽雄二さんからアドバイスをいただきました。

「日本の新聞テレビだけでなく、海外のメディアにも触れましょう」

 自分はBBCやCNNのアプリでたまにニュースチェックしているのですが、おすすめはありますか?と伝えて返ってきたのがこれ。

www.washingtonpost.com

www.theguardian.com

www.aljazeera.com

ワシントンポスト

・ガーディアン

アルジャジーラ

 

うーん、ハードル高すぎ、

と思ったのですがとりあえずPCのブックマークに入れ、Facebookの投稿もフォローすることにしました。

 

日々の習慣が、少し変わってきた

 今でもGoogleアラートとか日本の新聞読む時間捻出するのに苦労しているのにそれ以上の情報どうやって読むかなぁ、とおもったのですが。

 ポイントは、緊急度と重要度、そして面白さと成長の実感なわけで。

 その点、海外メディアは日々いろんな気づきを与えてくれます。

 トランプ大統領訴追、というニュースが流れればワシントンポストが「韓国に、大統領を弾劾する方法を学ぶ」という記事を掲載、それに対する読者の意見がアップされます。

 秋篠宮真子様の婚約の記事が流れると、ガーディアンが「日本の女性皇族は、結婚すると皇籍を離脱するのだ!」という記事が第一に流れます。まずはめでたき、という空気の日本とは大違いです。

 カンヌ映画祭が開幕しました。日本では、河瀨直美監督がパルムドール獲得できるか?という話題の一転押しですが、アルジャジーラでは「イスラエルの文化相が、占領地の風景やイスラエル兵の姿を映し出したドレスを着て会場に現れた」というニュースを字幕付きの動画で報じています。

 アルジャジーラは非英語圏のマスコミということもあり、わかりやすい字幕付きの動画でニュースを報じており、自分でもなんとかわかります。

 

よいニュースで、よい毎日と成長を

    今の時点で、それら情報をすべてすっと理解できる能力はありません。

 でも、面白い!せっかくだからこっちを先に見よう!という思いを持つことはできています。

     見よう見まねでマラソンに挑戦しはじめたころと同じ気分です。

 半年や一年後の自分がどうなっているか、少し楽しみです。