物をため込む生活からの卒業 すっきりしました。

今週のお題「卒業」

 

 子供のころから、切手やプラモデルや漫画を集めていることが好きだった私。

 学生以降、使える小遣いの額が増えるにしたがって物をため込むスピードに拍車がかかりました。

 

主な所有物①

  • 本  約300冊
  • CD 約300枚
  • MD 約300枚

 本は本当に好きでよく購入していましたが、一度読んだ本を再度読むか、というとほとんどそんなことはなく、また、単行本はだらだらと間をおいて断続的に読んでいたので、時間をかけた割には内容が頭に入ってこないな、でもまあいいや、読んだという実績が残ればいい、みたいな感覚で蔵書を積み上げていました。

 CDはまずますローテーション組んで聴いていたので過剰在庫感はなかったのですが、やはり棚を埋め尽くす勢いで増えていきました。

 MDはもっぱらラジオ番組のエアチェックを残していたもの。これも結構な頻度で聞いていたので処分することは考えていなかったのです。

 ただ、

  •  これだけの本を読み返すのに必要な時間
  •  CDをずっと聴きなおすのに必要な時間
  •  MDは聴きなおすのに必要な時間に加えて編集やラベル張りにも時間がかかる

これらを合計すると自分の余生を超えるのではないか? 

  • 自分の限られた自由時間をこんなことに費やすか?
  • 今読みたい本の前に、たまっているこの本読まなきゃ、とか思ってないか?
  • 本当は無理があるのに、何かの意地で持ち続けているのではないか?

ぼんやり思ってました。

 

お土産たち 

  • ライブやスポーツ会場で買ったTシャツ 約120枚
  • キャップ 約50位
  • 美術館で購入する図録 約200冊

 本当に必要、ほしい、というよりも出かけた記念に買ってきてしまっていたのです。

 図録のほとんどは買ってから一度も見返したことがありません(将来子供ができたら情操教育に、とか思ってました。今思うと恥ずかしい。。)

 Tシャツも、一部の愛用品以外はずっと引き出しに眠ったまま。

 キャップも同様、サイズが合わなかったり服装に合わないデザインだったりでほとんどが段ボールの中。

 しかも、延べ10回近く行った引っ越しのたびに、これらを箱に詰め、運び出し、搬入し、また棚に並べなおしていました。

 なんでって聞かれれば、そんな自分が好きだったからとしか答えようがありませんね。

 

処分のきっかけ

思い出品には価値がない

 母が亡くなった時に、持っていた大量の服をSecond Streetに持っていき、買い取ってもらったのですが、クロゼット満載の衣類が、驚くほど小額のお金にしかなりませんでした。

 季節的外れだった、ブランド物ではなかった。。。理由はともかく、本人が大事に思ってため込んでいたものが世間的にはな~んにも価値がない、と通告されたみたいで唖然としました。

 

PC,スマホで用が足りてきた

 今は音楽をスマホタブレットで聴いています。

 実はそんなに音質にこだわる方ではなかったようで。

 削減できたのは、棚のスペース、編集する時間、タグ付けする時間、棚にたまったほこりを払う時間、整理する時間、棚から引っ張ってどれ聴くか逡巡する時間。

 昔は、そんな自分が好き、とか思ってたのかもしれませんが、今思うと無駄なことしてたなと思います。

 

一気に処分

 そんなわけで数年前から徐々にものを減らしていったのですが、所帯を持つ際に、ほとんどブックオフに持ち込みました。

 CDは割とお金になったのですが、本は一冊数十円、あれだけ大事にしていた図録についてはまったくお金になりませんでした。ここまでくると逆に痛快です。

 その後も、折に触れ処分しています。

 

今は

 物が減って困ったことはありません。

 まあ、服が減ったのでワンパターンな着こなしになってしまったのは確かですが。

 たまに実家に帰った際に、そのゴミ部屋っぷりに衝撃を受けるのですが、それは少し前の自分の部屋の姿。いつかは実家もきれいにしたいな、と。

 

反省とこれから

 物を維持、整理することに使っていた時間、使う見込みのないものを買い込むために費やしたお金、本当にもったいないことをしたな、と後悔しています。

 もっと賢く使っていれば、何回分かの旅行代にはなったでしょうね。

 同じ自己満足なら、ものを買いため込むよりも、たくさんの経験、体験をブログにまとめる生活、のほうが得るものが多いのでは、と思ってます。