今年は、Facebookで生産的に悩もう。

今週のお題「新しく始めたいこと」

 

今年はこういうことも、積極的に行いたいですね。

https://www.facebook.com/groups/100234803720559/

Facebookを初めてかれこれ4年位たつでしょうか。

 その頃は日記代わりに身の回りの出来事を頻繁にアップし、友人からいいね!をもらって喜んでました。今思うとこっぱずかしいのですが、毎日一個以上投稿しよう!、とか、10個以上いいね!をもらえるようにしよう、とか、自分に課してましたね。

 自分のプライベートをさらしたりさらされたりすることに疲れた、というよりそれに何の意味がある?と思い始め、そのような使い方はしなくなりました。

 世の中的にも、そのような機能はインスタグラムに移っているのではないかと。

 

 それでも毎日ひっきりなしに見ているんですよね、Facebook

 使い方はずいぶん変わりました。

①気になるインフルエンサーの発信する情報をチェック

 本や音楽、映画の情報は、出版社や興行主からではなくインフルエンサーからもらう方が信頼できるのでは、と今は思っています。

②グループ内で同窓会の運営

 高校のクラブの同窓会の万年幹事をやっています。

 これも4年前は同窓会ごとに大盛り上がりしてまして、てんでにみんな言いたいこと言いっぱなしにするんですよね。だれかが隠れてしまったコメント探し出したり長いフォード最初から最後まで眺めないと結局誰が出席するのかわからない。

 そういう面倒なことを進んでする人間はほかになく、ずっと自分が幹事を務めています。面倒ですが、ROM(Read only Member,投稿せず、読んでいるだけの人。もはや死語か)?よりも、勉強にはなりますね。

 

で、今年もっと力を入れたいのがこれ

 

③グループ活動で、同じ思いを持つ人と意見のやり取りをする

 今やFacebookの会員も高齢化が進み、投稿内容もちょっとしたグルメ報告や記念日の報告に収れんしつつあるのかな、と思う一方、こういう会員像もありますよね。

  • 今の社会はおかしい!
  • 自分の職場環境はこうなんです、ブラックでしょ?
  • 子育てがホントにもう大変で

 毎回このような熱い投稿をされる方がおいでます。

その熱量には毎回感心するのですが、私自身はこのような投稿に対していいね!することはあってもコメントは付けないようにしています。

 こういった方々は、まずもって聞いてもらいたい、わかってもらいたい、という承認欲求でもって投稿しているわけで、周囲からいいね!や同調的なコメントもらえればそれでいいんですよね。 

 自分はそういった投稿に対して自分の意見を述べてしまい、それが相手の逆鱗に触れ「だからあなたは〇〇なのよ!」

 などと罵倒されてしまうことがあります。

はいはいわかりました。

 あなたが今そんな状況である、ということを理解して、優しく励まして差し上げればよろしいのですね。

 

 あるいは、いそがしい中、自分のコメントに対して事細かにレスをつけてくださる場合もあり、そんな時は、この方のわずかな自由時間を、私ごときへのレスに使わせてしまって申し訳ない、という気分になります。

。。。これでいいのでしょうか。

 おそらく、このようにFBへの投稿で溜飲下げることができる人は、ある意味心配無用なのですが、それもできずにどんどん状況悪化させている人もいるわけですよね。

 

 特に心配なのが、いわゆるハラスメントの問題

  • 職場や家庭のハラスメントに、まったくかかわりのない人はいない
  • 知らずに自分が加害者になってるかもしれない
  • 一度負のループに入ると、抜け出すのが難しい
  • 知識のない人が、よかれと思って介入して逆効果になることもある

 

 いま、コンサルタントの赤羽雄二さんが「自分を取り戻す」というグループを立ち上げておられます。

 初めて二週間くらい、メンバー数は早くも1200名を超えています

 当初は専門家の方々が名乗りを上げておられたのですが、悩みを抱えておられる方からの相談、それに対するコンサルの方のコメントがみられるようになってきました。

 

 身近な人に悩みを聞いてもらう、というのも一つの手段だとは思いますが、せっかくSNSという便利なものがありますので、同じ悩みを持ち、かつ直接のしがらみがない人同士で解決策を模索するやり方がもっと広がればいいな、と思っています。