読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働き方革命

最近働き方革命についての議論がかまびすしい。

FBでもブログでも、いろんな意見が出ている。

 

  • 一見明るい未来を示唆しているようで、実際には厳しい内容。
  • ステップアップできる人とそうでない人の差が鮮明に。
  • 労働時間が短くなることは間違いなさそう
  • 空いた時間を有意義に使おう
  • バリバリやりたい人はフリーランスになろう

 みたいなところが主だったコメントだろうか。

 

 私のように、課題に粘り強く向き合う、というか要領が悪い人にとっては悪夢のような時代になるのか?

 自分の周りにも、本当に優秀な人、そこそこ優秀な人、愚図な人、そもそも職場に適応していない人、とカテゴライズされるようで。

 優秀かどうかの違いというのはどのくらい注目されるかにかかっているようだ。わかりやすく言うと橋本徹さんとか小池百合子さんみたいな人。

  • 常にスポットライト浴びている人
  • 雰囲気作りがうまい人
  • 実は成果がはっきりわからない人

それ以上に大事なのが、波にうまく乗れる人

 社会インフラに関わる仕事だと、あれこれと営業スキル身に着けるより、大きな案件にうまく乗っかるすべ身につけたほうが成果出しやすい。

 たまたまその時期人材が薄くて、うまく昇格できた人が今や経営職についていたりもする。

 自分は職場の懸案を地道に解決してくのが好きな質だし、それがお客様や職場の人の助けになれば幸せ、というたちなのだが。

 

話は変わるが、今日の日経のコラム「春秋」が気になった。

www.nikkei.com

春秋らしくもないコラムだったように思う。

  • 仕事を頑張りすぎてはいけない、とたしなめられた。
  • 仕事とは、無理なく長く続けられるものでなければ。
  • 仕事の後の宴会が楽しみだった。
  • 近頃、コンビニのバイトにノルマを与えて「恵方巻き」を売らせているらしい。
  • 昔ながらの根性やコネ頼みという売り方をさせるのはいかがなものか。

 

ん?なんだろうこのまとめ方は。

 

そもそも農業(作業)と物販業を比べるのは無理があるのだがそれはさておき。

 昔の共同体的な在り方には、面倒な人間関係や不条理はあるが、その中にいることで安心感を感じることもできた。

 今回の問題は、人間観県が希薄になった今の社会で、昔ながらのコネや根性頼みの売り方がまだゾンビのように生存している、ということではないのだろうか。

 しかも、コンビニの本部に言わせると、チェーン店にノルマを課した覚えはない、とのことなのだが、何かしらそう仕向けたことに疑いの余地はないだろう。

 そのうちどこかで、本部とチェーンのやり取り暴露されるんじゃないかと思うのだが。

 

働き方革命。

働き手それぞれが成長ややりがいを感じながら仕事に就ける世の中になればいいのだが。