読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のタラレバ

今週のテーマ

今週のお題「私のタラレバ」

 今回のお題は「私のタラレバ」だそうだ。

 おそらくタラレバをタイトルに拝借したドラマの放送に呼応しているのだと思うが。

そもそもタラレバって何だろう。

 自分でも釈然としないのでググってみました

「現実とは異なる条件を仮定し、その場合、実際とは異なる現状を迎えていたんだろうなあ、と思い浮かべること」

「仮にこんな状況が発生したら、想定とは異なる結果になってしまうだろうなあ、と思い浮かべること」

 言葉にするとやたらめんどくさいのですが

「ああだったらよかったのに」とか

「こうなっちゃうかもしれないじゃないの」

とくだをまく行為のようですね。

 

 自分がタラレバを口にしなくなったのはいつのことだろう。

 そもそも、いつどんな時にタラレバを口にしていたのだろう。

 人生の分岐点である受験や就職。

 あとで振り返って「あの時違う選択をしていれば、違う今を生きられたのかなあ」

みたいなことはよく考えていたと思う。

 大事な人とけんか別れしたとき「あの時ああ言っていれば、あんな事言わなければ」とぐずぐず思い悩んでいたのは20代のころか。

 今はどうだろう

マラソンに挑戦、35キロ付近で足が止まりふらふら、ゴール後吐いてしまった。
  • 挑戦なんかしなければ、こんなしんどい思いしなかったのに
  • もっと本読んでトレーニングしておけば、こんな結果にはならなかったのに

 そんなこと思わなかったですね。どうすれば楽しく走れるようになるかな、ですね。

本読んだ、思ったより面白くなかった。
  • こんな本読まなきゃよかった
  • アマゾンレビューちゃんとチェックしてから選べばよかった

 つまらない=期待よりも得るものが少なかった、なので、なぜそうだったのか考えたほうがいいし、アマゾンやめて実書店で買うようにしたほうがいいかもしれませんね。 

酒飲む量減らすつもりがいつの間にか戻ってるな

くよくよするよりなんで習慣変えられなかったか考えたほうがいいですね。

  • 目立って変化を感じられないからかな。
  • 小遣いにはダメージ与えてるはずだが、家計把握してないもんな。
  • そもそもなんで節酒しようと思ったのかがあやふやだったのかもしれない。

 

ああそうか

タラレバって、言葉に書き出してみても面白くないんだ。

 ブログを読んだり書いたりすることで、タラレバよりも、なんでそうなったか、次どうするかを考えやすくなったし、仮にどうにもならない事柄でも、せめて面白おかしく書いてみようかという心理が働いたり。

 

 

もう一つの要因

 タラレバ口にするのって、話聞いてくれる親しい人に対してだけですよね。

 職場で口にすることではないし。

 それだけ自分には親しい人少ない、という証左でもあるので、ちょっと凹みます。

 家人には、気持ちが滅入るようなネガティブなことぽろぽろ言ってたもんな。

 

自分が死ぬとき、タラレバ口にするんだろうか。