いやな奴にはA4メモ書き 

 昨日もあいつはやりやがった。

またしても、小鳩のような自分のハートをずたずたにしやがった。

こんな時は、そうだ!A4メモ書きだ!

 

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41mFGNSxZvL._SL160_.jpg 

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/447802099X/no20170416-22/

 今、嫌なあいつにガツンとやられたあなた、そう、あなたですよ!

 まずは白紙と書き心地の良いボールペンを準備してください。なければチラシの裏でも万年筆でもよいです。ここでぐずぐずすると、いやぁな気持ちが頭の中に定着しちゃいます。大事な今日の残り時間を楽しく過ごすためにも、嫌な気持をぱっぱと処理しちゃいましょう。

まずはネガティブな気持ちを吐き出してしまいましょう。

お題①:何があった?
例①:飲み会幹事の嘆き
  • またあいつかよ~。やるかと思ったらまたやりやがった。
  • 飲み会のたびに暴れるんだよね。
  • 暴言、卑猥な言葉、幹事の進行への難癖
  • こっちは心砕いて準備してるのに、ほんとにうんざりする
例②:職場のあいつ
  • またか、いきなり怒鳴られた、あれはどうなっているか、だって
  • あれってなんだよ、俺あんたの奥さんじゃないよ
  • 昨日質問したのに教えてくれなかったじゃんかよ
  • なんか、自分の偉さを見せつけてるみたいで不愉快なんですけど
例③:家族団らんのさなかに
  • 何だこの展開は、何があった?
  • のんびりお茶の間で過ごしてるのに、急にディスるんですか?
  • どうも母さんの料理の出し方に不満があったらしいが
  • ここまでよく準備してくれてるのに、これっぽっちのことでなぜ怒る?

 どれも身近にありがちな出来事ですよね

次に、ちょっと掘り下げてみます。

この際、3つまとめて料理しちゃいましょう。

お題②:こいつは何にキレている?

  • それなりに、言ってることに理がなくもないんだよね
  • 段取りが悪い、根回しがない、指示を守ってないとか
  • でも、正義の皮かぶって人を非難してるだけのような
  • そもそも、こいつ自身はほとんど動いてないし
  • 自分は動かず他人の動き注視してれば、アラは見つけやすいよね
お題③:こいつはどこでもキレるのか?
  • 会社の横つながりの飲み会だとすごくおとなしかったと思うが
  • 町内会では雑用に追われてるらしいしい
  • そういえばこいつ学生時代は威張ってたよな、今はどうなんだろ
  • てことは、もっともらしい理由見つけてるけどそれは違うよね
お題④:切れる理由は?
  • うっぷん晴らししたいだけか、迷惑な話だ
  • うまいこと持ち上げてあげれば満足しておとなしくなるのかな
  • 切れる自分に快感覚えてるんだったら、対応難しいな
  • 切れるのが目的で、そのきっかけを探してるのかな

ここまで掘り下げたら、自分なりに対策を考えてみましょう

お題➄:代替案はあるのかな
例①:飲み会で暴れるあいつには
  • ストレス晴らすために飲んで暴言は迷惑でしょ
  • カラオケとかスポーツで晴らせばいいのに
  • 次回はカラオケメインの飲み会にするか
  • 運動やカラオケが面倒だから暴言、だったら最悪だが、、まあやってみるか
例②:職場で威張っているあいつには
  • そもそも威張るのが理由だから、理屈で対抗しても無駄だろ
  • 一休さんみたいな頓智で何とかならんかな
  • 怒られた数を棒グラフにして職場に張り出すとか
  • 怒られるたびに、デスクの貯金箱に百円玉入れるとか
  • 本人はどう思うか知らんが、職場のみんなは面白がってくれるかも
例③:家族のだんらんを取り戻すためには

これは実際に、ユニークな解決方を考案、実行した例があったので紹介します

nlab.itmedia.co.jp

 酔う度に威張りちらす困ったお父さんの行状をパワポにまとめ、親戚会で発表したそうな。すごいですね。

 

ここでいったんまとめ

嫌なことがあったら、まず書き出してみましょう。

次に(ここが大事)、どんどん角度を変えて自分に問いかけてみてください。

  • 何が起こった
  • なぜそうなった
  • 相手の言い分は
  • 自分はそれに納得しているのか
  • それは習慣化されているのか
  • 今まで自分はどんな対応をしてきた

深堀や違う角度からのアプローチなしで、ぐるぐるとネガティブな考えを続けていると、かえって心は沈んでいきますし、悪くすると心が痛んでしまいます。

 

掘り下げが難しいな、と思ったら

自分の中の知識や考え方だけでは考えに変化をつけるのが難しいな、と思ったら、他人の知恵を拝借しましょう。

①本

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51-NlxL7h8L._SL160_.jpg

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4334036430/no20170416-22/

 いろいろ困った行動を起こす人たち。その原因は子供時代の心の傷にあるのでは、という本です。ほとんどの人が子供時代に何らかの傷を受けてはいるのですが、その傷を何十年も引きずり、折に触れ感情を爆発させてしまう人も多くいます。

②ネット

 ブロガーやブログ書いてるコンサルタントの方々はさすがにツボを押さえてコメント発してくれています

高齢者男性があちこちでキレるようになったわけ | More Access! More Fun!

  永江一石さんの分析。確かに、私の周りの困ったさんも、こんな中高年男性が多いような気がします

はあちゅう 公式ブログ - 「褒めるより叱るほうが愛情が必要」とかいう謎の人 - Powered by LINE

 はあちゅうさんのつぶやき。

 自分の周りの困ったさんって、正義のマントを身にまとってはいるけど、マントを剥ぐとその下はパンツ一枚って感じの人が多いですよね。

 困った時こそ、他人に知恵が身に沁みますよね。

 うまく乗り切れば、自分を成長させるチャンスになるかもしれません。

他人は自分の鏡

 もしメモ書きを進めてみて心に余裕が出てきたら、自分のことも掘り下げてみましょうか。

 自分のストレスを他人にぶつけるのが困ったさん。

 自分自身も他の人から見たら困ったさんになってるかもしれないし、ちょっとしたことで傷ついてしまうのも、違う種類の困ったさんになり得てしまいますしね。

 

まとめ

  • メモ書きでばばっと書き出す
  • どんどん角度を変えて深堀してみる
  • そのうち自分の次のアクションを思いつく
  • ネタがなければ、他人の意見や経験を拝借しましょう
  • 気持ちが落ち着いてきたら、自分はどうしたいか、どうなのか、どうするか、考えてみましょう。

 そうこうしているうちに「あ、あんな奴のこと考えてるより、自分にはもっとやりたいこと、書きたいことがある!」と気づければ、それが一番の解決方かもしれませんね。