A4メモ書きをわかりやすく説明すると「脳内回転ずし」である!!

投稿6回目です。

開設して間もないブログですが、すでに200弱のアクセスがあったようです。

関心を持ってくださった方、ありがとうございます!

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41mFGNSxZvL._SL160_.jpg

www.amazon.co.jp

1.今日のお題:A4メモ書きは、思考の回転ずしだ。

 コツコツ続けていたA4メモ書き、昨年末いきなりSelf-Buzzling*1が起こり、この感覚を書き残したくなって、ブログを公開することにしました。

 まずはメモ書きで、頭の中のあれこれを書き出してみましょう

お題①:Buzzる前はどんな感じだったか
  • 朝や夜にさあ書くか、と机に向かって書く
  • 2,3枚書いて、う~んと考え込む
  • それから妄想にふける
  • 気づいたら一時間以上経過していてびっくりがっかり
お題②:なぜそんな状態だったのか
  • それがわかってたらさっさと治していたよ
  • でも今はなぜかそのような状況にはなってない
  • 多分これからもならないと思う
  • 何か違いがあるはずだ
お題③:治したのではなく、治ったのはなぜか
  • わからない、理屈で考えることではないと思う
  • 以前はやらなきゃ、これをやれば成長できるという想いがあった
  • 今は、自然に話題を見つけ、ポイントを探し、展開できている
  • 理屈ではなく、楽しく習慣づけできているな
お題④:きっかけはあるか
  • Facebookのグループの投稿に、おおっと思うものがあった
  • 自分でも気づかない答えが出てきて、驚いている
  • くせになりそう、とおっしゃっている方がいた
  • 自分としてはカルチャーショックだった
お題➄:なぜカルチャーショックだったか
  • 去年はマラソンの練習やポケモンGoに時間を取られていた
  • その理由を報酬系、習慣、やみつきになるもの、と思っていた
  • メモ書きも、やみつきになるんだというコメントに衝撃
お題⑥:メモ書きが、やみつきにならなかった理由は
  • ルーティンになっていなかったから、という気がする
  • ポケGoやジョグ、トレーニングはアプリで管理することで習慣化できる
  • メモ書きすると、ぐるぐる思考に陥ってかえって気落ちすることがあった
  • 楽しい!と思えれば、習慣化できるんだな
お題⑦:メモ書きでがっかりしないためには
  • 自分で対応できるお題を選んだほうがいいな
  • 目の前に、話題が順々に表れてきて、これいいな、をひょいと選ぶ感じ
  • わざわざ疲れるお題を取り上げる必要はないかもね
  • 格式張ると疲れちゃうから、気軽に入れるお店みたいなとこがいいね

2.メモ書きを回転ずしのように楽しもう!

 メモ書きで頭の中のものばばっと出して、方向性が定まってきました。ここから説明をさせていただきます。

①自分の周囲は「情報の回転ずし」である!

 芸能ネタ、ブログの記事、飛び込んできたニュース、家族や同僚との会話、店員さんや配達員、運転手さんの態度等々。。世界はネタであふれていますよね。見つけようと頑張らなくても、目の前のレーンをすいすい通り過ぎていきます。

②おいしそうなネタだけ、選びましょう

 A4メモ書きが習慣化するまでは、難しい話題は避けましょう。複雑な人間関係とか、自分へのダメ出しにつながるような話題は、まだいいです。

例題①:SMAPのいない紅白、どうだった?なんでそう思う?

 観てる分には変わらない、十分楽しめた、Kinkiが出場できてよかった、相場君いい!ファンになったよ、進行はバタついてたね、困ったのは制作側と、SMAPの固定ファンでは?やっぱりどの業界も、大御所がいたら頼ってしまうんだろうね。

例題②:箱根駅伝青学圧勝、どう思う?

 選手も監督もかっこいいな、テレビ映り意識してるからかな、よそ者が伝統校出し抜くのってすごいな、でも軋轢も生じるよね、ほかのスポーツや業界でもこんなことおこるかな、というか、自分の会社や職場でこんなこと起こるかな、起こしたいな、どうすれば起こせるかな。

例題③:トランプさん、なんか気になる

 独特の髪形を気にする人がいる、なんでだろう、自前じゃない?なんでそう思う?周りに似た人がいるからかな、若いときはすごくハンサムだったんだね、いつも同じ服装のような気がする、気のせいかな、なんでそんなこと気になったんだろ、オバマさんは同じ服装にこだわっていたはずだ、服選ぶことにエネルギー使いたくないって、自分は同じ服装で毎日会社に行けるかな。。

 。。これ以上の掘り下げが難しく、妄想モードに入りそうになったので打ち切り

③仕込みがあれば、味わいが深まります

 先日「新春テレビ放談(NHK)」という番組があったのですが、日ごろ表に出ない製作者の方の生の意見が聞けてとても面白かった。青学の原監督も、本やインタビュー記事がたくさん出ているので、ああこの人はこんなことをやりたくて、実現のため、こんなアクションをされているのだな、ということが伝わります。気になったお題があったら、新聞雑誌の記事や評論家の意見より、当事者の考えに触れた方が理解が深まります。

④好みの板前さん(ブロガー)を追い、自分もまねしてみよう

 自分の感性でネタを探し、自分なりの視点で料理、発信するという点では、ブロガーは最も参考にすべき人たちですね。私がFacebookで追っかけている板前さん達を紹介させていただきます。どなたも有名な方なので、気になったら検索してみてください。

はあちゅうさん

 今年に入って、自分の周囲の、ちょっとズレた考えを持つ人たちをばっさばっさ切っているのですが、はらはらしつつも小気味良さを感じます。江戸前の板さんですね。自分も、同じように身近な人を料理できるかな?

永江一石さん 

 マーケティング理論を、身近な例で説明してくださる著書が素晴らしいです。その視点でもって世の中の色んな話題を握ってくれます。自分も、抽象的な理論⇔現場の状況の橋渡しができるようになりたい。

佐々木俊尚さん 

 毎日、膨大なネット上の記事の中から、良質な記事をピックアップして紹介してくださいます。板さんというより、情報の仕入れ人、ですね。こんな見方もあるんだ!と感心します。

河野太郎さん

 お役所の旧態依然とした業務の進め方につき現状把握、周知、改善の指示をされています。地味な話題ですが、とても参考になります。自分の職場でもできるかな?

イケダハヤトさん

 もはやブログ界のマスターヨーダのような存在でしょうか。ちょっとイラッとするような書き方をされることが多いのですが、相当な読書家でもあるので、自分流にファンやアンチを引き付けるような手法を編み出されたのではないかと思います。

④あがり:自分の成長の足跡がわかれば、より楽しめますよ

 マラソンやポケGoとA4メモ書きの違いは、前者は活動記録をスマホアプリなどで管理できるのですが、A4メモ書きはそれができないこと。

書いた枚数を量で量ることはできるのですが。。

f:id:no20170416:20161231161351j:plain

なので、できたら早めにブログ書くこととリンクさせるとよいのでは、と思います。これならいつどんなことを考え、どこまで深められたかわかりますからね。

➄お勘定!!(まとめ)

 楽しくはじめて、楽しく続けて、振り返ってみたら自分が成長していた、そんなサイクルが作れるといいですね。

 地元北陸の回転寿司は、従来型のお寿司屋さんに負けず劣らずのレベルの高さで、観光客のみなさんに楽しんでもらっています。

 今夜は私も、久しぶりに回転寿司に出かけることにしましょう(笑)。

 

余談:

*1 Self-Buzzling 今思いついた造語。

 いまBuzzるというと、ついったなどで上げられた話題が一気に拡散、アクセスが一気に増加する、ととらえられていますがもともとは蜂がぶんぶんする、という意味のようです。自分の頭の中で、アイデアが湧き出してハチの巣状態、というのもBuzzるの意味に加えてもいいのでは、と思いあげてみました。

*ブログタイトル変えました

 自己満足な話題ですが。

 「セルマの帰還」はなんか重い感じがしましたのでかえました。

 Book of Saturday、 私の敬愛するバンド King Crimson の曲名から拝借しました