【3年後に結果を出すための最速成長】③P37-P40 高度な専門職すら仕事が減る? 

本項で述べられている内容

  • 高度な専門職と思われている弁護士や医師についても業務が減る可能性がある
  • すでに会計士の仕事は減りつつある
  • 契約内容をすべてコンピューターに読み込ませ、内容のチェックや経営判断を下せるようになってきているためだ。
  • 弁護士や医師の業務も、判例や契約書や学術論文といったデータを大量に読み込み、日々新しい見識を持って業務にあたっている。
  • そのような業務は人間よりもディープラーニング機能を備えたAIに向いている。
  • よってこれからは高度な専門職の職場も減っていくこととなるだろう。

 

自分なりの見解

 テレビドラマで目にする弁護士やお医者さんは、裁判での弁論や手術室での執刀シーンが多いので、てっきり人と接している時間が多いのかと思ったのですがそうでもないようですね。

 多くの情報を取り込み、その蓄積をもとに判断基準を徐々に変えていくのがこれらのプロフェッショナル。その部分がAI化すればこれらの専門職も減る、ということですね。

 ただ、これは供給側の事情であって、サービスを求める側からするとまだまだ需要があるのかもしれないな、と思いました。

 これから日本の人口は減っていくのですが、医療サービスを欲する人がそれに比例して減っていくかというと、そうではないと思います。高齢者の人数は当分減りませんし、高度な医療サービスを求める人は世界中にいます。

 情報収集力、執刀する能力、コミュニケーション力のある医師は日本中、世界中の医師と連絡を取りなが新たな知見を蓄えて成長し、ロボットを遠隔操作して離島や海外の患者の手術を行うのではないでしょうか。

 その一方、日本の病院のベッドは今や高齢者に占拠されており、働き盛りの人が十分なサービスを受けられない、という話をテレビで見ました。

 すべての医師に、本書で述べられているような高度な知見と技術が必要とされているのでしょうか?また、医師が行っている措置をロボットに置き換えるとしても、そのロボットの購入やメンテのほうがコストがかかるようなら、地方の小さな民間の病院はまだまだ生身の医者を使い続けるかもしれません。

 

 弁護士についてはどうなるのでしょうか。

 これからは日本もアメリカのような訴訟社会になる、だから弁護士はどんどん必要になるとしばらく前にきいた記憶があるのですが、現実は残酷なまでに弁護士がいらない方向に進んでいるのでしょうか。

 そもそも弁護士の業務範囲にはどのようなものがあるのでしょう。

テレビで見ているようなタレント弁護士

  • 企業の顧問弁護士
  • 残念ながらオウム真理教の毒牙に殺められた方のような社会派の弁護士
  • 交通裁判などに登場する、国選弁護士
  • 弁護士の資格を持っている検事や裁判官

 交通裁判は加害者が一方的に悪いとされ、判例もパターン化しやすそう。なので検察の調書と弁護側の情状酌量ポイントを照合することで判決が下せる、よって国費の削減の為、国選弁護士をAIに置き換えるという判断がされるかもしれません。

 企業の顧問弁護士はどうでしょう。クレームにどう対応するか、新規事業は法律に反していないか、社内のコンプライアンス違や内部告発にどう対応するか、といった相談を処理していると思われます。弁護士に限らず、顧問、という立場の人はその人自身の力量に加えて、蓄えた人脈を生かして案件を処理しているのではないでしょうか。特に判断が難しい案件であればあるほどそうではないかと。なのでそうそう仕事は減らないと予想します。

 検事や裁判官は公務員なので、事務処理が簡略化されることで業務量が減っても、即ポストが減らされる、とは考えにくいです。

 気になるのは、資格を取ったばかりで見習いと称して専門職の周りで雑用を処理していたような人たち。まずはこのような人たちの行き場がなくなるのかもしれません。 

 

成長するためのヒントと、自分なりの回答

Q1、弁護士の仕事として今後残るのは?

 AIにまつわる新しい業務が増えている。例えば仮想通貨についてはいまだ運用のルールが決まっていない。よってその道の専門家になればまだまだ需要はある。

Q2、もし弁護士なら今後10年どうやって生き残るか?

 新しいベンチャー企業の立ち上げにかかわる手配業務がまだ属人的に行われているのであれば、それにかかわることで生き残る。ただしそれらがすべてAIに置き換わるのであれば難しい。土地の所有権など、その由来がずっと昔から続いているものであればまだ人が関わる余地があるかもしれない。人脈がものをいうジャンルに専念する。

Q3、弁護士として顧客をどう確保し続けるか

 ブログでお困り相談をする。今でも痴漢で誤認逮捕されたときは私の携帯に連絡ください、と案内している弁護士の方がおいでです。

Q4、医師の仕事はこれからどうなっていくか

 高齢者の対応はロボットに置き換わってい、医師は働き盛りの年代の対応に専念。

 専門医がカバーしている業務もAI,ロボット化。

 ロボットを遠隔操作しながらのオペが増える

 Dr.G 、症状から患者の病名を判断する総合医の需要が増える

Q5、病気の大半が予防できたら、病院はどう変わるか

 日常の医療行為よりも災害やパンデミックへの対応により重点が置かれる

 

 

【3年後に結果を出すための最速成長】②P31-P36 事務仕事の大半がなくなる? 

 赤羽雄二さんの新著 3年後に結果を出すための最速成長のお題について考える、その二回目です。

 

本書で述べられている内容

  • 事務仕事の大半、繰り返しが多く単調、集中力が必要な仕事は機械に置き換わる
  • まずは秘書的な業務、スケジュール調整やお店の予約など
  • 秘書は業務改善のためというよりシンボリックなもの、意識次第で減る
  • 他にも書類作成、回覧、出納業務、帳簿作成、決算業務、会議案内などが減る

 

自分なりの考察

 この項で挙げられているのは、秘書や受付係が行っている”偉い人”の身の回りの業務、および間接部門が行っている事務処理が今後減少していくということのようです。

 前者は、いまでも必須ではないのですが象徴的、もしくは偉くなったご褒美としてあてがわれている、だから減るだろう。後者は、単調で集中力の必要な業務は機械に置き換えたほうがよい。だから減るだろう。という趣旨ですね。

 

まだある秘書の仕事

 秘書の仕事の中で、お店や交通機関の手配、精算、スケジュール管理といった仕事は減ると思います。その一方で冠婚葬祭的なもの、例えば新聞のお悔やみ欄で見かけたこの人は当社の社長と関係あるの?とか新装開店のお店にいくらの花輪出す?のような、トップの人柄や気遣いを感じさせるような件についてはまだ人間に任せるのではないでしょうか。

 もっとも、通販業者のサイトでも発注者の好みから、次のおすすめを提示する機能があるので、繰り返していく毎に精度の高い提案ができるのかもしれません。

 

合理性が求められない人たち

 営利企業であれば少しでも収益を上げてステークホルダーに報いるのが使命、なので合理性を求め、支出を切り詰めるよう心を砕くのだと思うのですが、世の中にはそうでない人もまた多くいるわけで。

 いわゆる雇用の受け皿として設けられているような団体、企業内で行き場のない人のために設けられた役職、そういったポジションにいる人は本来暇なのですが自分の存在価値を示すためにせっせと働きかけをします。

 新しい書面を作成、会議を立ち上げ、現役や現場へのご指導等々。

 excelを使って業務改善を行う、ビジネス書に紹介されている手法で業務改善を行う、そういったことすら行われずに存続している団体や職場がまだたくさんあると思われます。こういった雰囲気がこれからのAI革命で払拭されるのか、まだわかりません。

 それらが生き残っている理由を考え、これからの変化と考え合わせることでより現実的な予想ができるのだと思います。

 

生き残るためには

 AIの進展で何がなくなるか、理論だけでなく具体的にどの企業がどんな改善をしているのかに目配りしておく。(Googleアラートなどをつかう)

 これから消えてなくなるような業務には極力手を出さない。

 業務がAIに移管していく中で発生すると思われる業務を予想し、職場内では自分が一番うまくできるだけの技量を身につけ、実践する。

 世間話などで、現場や実務担当者が考えていることをくみ取っておく。

 自分の考え方や技量が世間並みか、ガラパゴスなのかブログなどでチェックする。

 

【3年後に結果を出すための最速成長】成長するためのヒント① P24-P27 肉体労働がなくなる?

赤羽雄二さんの最新刊(2017年6月20日現在)が出ました。

 

Amazon CAPTCHA

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51D-PYQyi9L._SL160_.jpg

書名:3年後に結果を出すための最速成長

著者:赤羽雄二

出版社:ベスト新書

どんな本か

 思考の整理法、よき上司のありかた、自分を成長させるための読書術等についての著作を重ねられてきた赤羽さんが今回読者に投げかけたテーマ。

 これから世界はどう変わるのか、そして我々は生き抜くために何をなすべきか。

 

世界はどうなるのか

 世界がこの先どうなるのか、その明確な答えはだれにもわかりません。

 技術、社会、国際情勢など、こうなるのかな、という大まかな方向はわかってもそれが我々一人一人の生活にどう反映してくるかまではわからないのです。

 ただ、その変化を予見、しっかりと準備をした人とそうでない人では、前者の方が変化の荒波を乗り切る可能性が高いといえるでしょう。 

 本書は、単に著者の見解を述べた予言の書ではなく、読者に深く考え、それに基づいた正しい準備を促すことを目的としています。

 新書の体裁をとってはいますが、そういう意味でこの本はワークブックであり、今後、図解や表や書き込み欄を付け加えた決定版が出るかもしれないな、と自分は思っています。

  自分で考え、行動する

赤羽さんの本は巧みな文章力で読者をうならせる本ではありません。

考え、行動を促す本です。

 

最初のお題、肉体労働がなくなる?

本稿のポイント
  • AI化、機械化により体を使って行う仕事が激減する
  • 一部の繊細な仕事は残るが、大部分は機械で置き換え可能
  • 体を使って仕事をしている人は日々業務に疲れ果てて考える余裕がない
  • 将来を見越せず、いつの間にか自分の仕事がなくなっていた、ということになる

 

問いへの答え、および自分なりに考えてみたこと
Q1,どんな仕事がまず機械化されるか?

      販売、レジ打ち的な窓口業務

   同じことの繰り返しによる業務

Q2,いつ頃どんな仕事がなくなるか?

   10年後、長距離トラック輸送が「ゆりかもめ」のような自動運転の機材に代わる

   金融機関の受付が10年後ほとんど機械化される

   商店での陳列がそれ自体なくなる

Q3,肉体労働がなくなることの、自分にとっての意味

   労務管理という仕事が少なくなる
   事務仕事ばかりだと正直言って心身ともに不健康になりそうだ
      現場の人を募集、採用、教育する手間は減る
   現場の人とのコミュニケーションによって品質を上げることができなくなる
     サービスの均一化はできるが差別化が難しくなる     

Q4,仕事がなくなった人はどうなるのか

   介護職、警備業界、交通整理などに一時的に人材が移る

Q5,肉体労働がなくなることをチャンスとして生かすには

   労務管理の手間は減るのでその分他の仕事をする

   改善のアイデアを一人一人に周知させる手間がなくなるのもチャンス

 

その他思ったこと。

 労働集約型産業に従事しているので、個々の業務が順に自動化されて行くという変化にどう対応するのか考える必要あり。

 上記にもある通り、人の管理は煩雑でプラン通りに行うことが難しい一方、うまくノウハウができればそれが強みにもなる。また、人の行動の偶然性が問題解決や品質向上につながる場合もあるなど、人を使うよさがなくなることには注意が必要。

 また、すべてが一律に機械、新技術に置き換わるわけでもない。例えば自動車のミッション。業務用の車両にはいまだにマニュアルを採用しているものが多い。乗用車ならともかく、20-30トンの貨物を運ぶトラックの駆動系、制御系がそんなに簡単に置き換わるものなのかはわからない。
 (大型建機の自動化は進んでいるようだが)

 コストの問題もあり。トラック業者が保有している車両をすべて新しいものに更新するには何年かかるか?予算的な観点から10年はかかると思った方がいいし、その間従来のインフラも使い続ける必要がある。

 肉体労働に従事していると、疲れてしまって先を見通せなくなる、とあるのは疑問。
   そうなるとスポーツ選手はみな疲れ果ててしまって戦術の確認、ルール変更の周知、ライバルの研究といった活動ができないことになる。要は日々疲労困憊してしまう職場にいる人は先が読めなくなるということだろう。
   機械に弱い日本人、という特性も勘案しなければならない。銀行窓口業務なども、要領を得ない年寄りの対応をロボットにさせるわけにはいかないのでどう効率化を図るか、考えなければならないだろう。

 年寄り一人ずつにその人の考え方を覚えこませた盲導犬のような介助ロボットを同伴させ、銀行窓口に配置された受付ロボットと同伴ロボットがやり取りする位でないと効率化はできないと思う。

 余った人材はどうなるか。

 そう簡単に解雇することもできないと思われるので当面は社内で確保し、資料整理、もしくは軽作業を伴う仕事を準備して従事させる。または作業子会社に転籍させて道路の掃除や夜間の作業、人材派遣のような業務につかせる。

 そういえば、道路工事現場に必ずいる警備員、ああいった人たちはすべて機械化できないのか?信号機で代替している現場もあるが。法令ではどのような定めになっているのか?その決まりが、今後別の業種にも応用して適用されていくのかもしれない。

 

とりとめもないですが今日はここまで。

 

アクションリーディングで、自分の成長が確認できた件

アクションリーディングって何?

このブログの4回目、今年の1月3日に書いた記事で紹介させていただいています。

 

no20170416.hatenablog.com

アクションリーディングとは、コンサルタントの赤羽雄二さんが提唱されている本の読み方と活用の仕方。

アクション リーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" | 赤羽 雄二 |本 | 通販 | Amazon

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51K1GPRmPzL._SL160_.jpg

 

ポイントは以下の通り

  • 本を読むことはとっても大事
  • でも、読んでいるだけではもったいない
  • がっちり内容をつかみ、自分を成長させる原動力としよう
  • そのために、本を読むごとに「チャレンジシート」を作成しよう。

 

 そんな訳で私も本を読むごとにシートを作成、赤羽さんの主催するFacebookのグループに投稿してきました。

  

なぜ、チャレンジシートなのか

 本を読むごとに要点をブログにまとめて公開される方も大勢いらっしゃると思いますし、私もそうしてはいるのですが、読んだ本を自分の血肉とし次へのステップに生かすためにはチャレンジシートのほうがよいと思っています。

 理由の一つ目は、その本を読むことで得たものは何か、しっかり把握できること。

 二つ目は、これから自分は何をするか、どう変わりたいか考えられること。

 三つ目は、折に触れ自分の行動を振り返ることができること。

 つまりチャレンジシートに書いたことがそのまま頭に叩き込まれるということなのです。

 ブログの場合、内容の要約と読後の感想を述べることに力が注がれがちです。でも、われわれがその本を読む動機は、評論家になるため、得た知識を周囲の人に披瀝するためなのでしょうか?得た知識でもって自分を成長させるのが目的であれば、それに即したまとめ方が必要でしょう。

 それが、チャレンジシート。

 

チャレンジシートで、自分の成長も確認できる。

 今回改めて記事にしたのは、チャレンジシートが自分の成長を確認する手段としても有効であることに気付いたからです。
 今年の5月ころから「仮想通貨」が一気にメジャーな存在になりつつあります。

 アクション・リーディングの末尾に「おすすめの本」が何冊か紹介されていたのですが、すでに仮想通貨を知るには最適な本「仮想通貨革命」も提示されていました。 

 

昨年一度読破、その後作成したチャレンジシートがこれ。

f:id:no20170416:20170624122916p:image

 当時の理解力、表現力のすべてを駆使しました。 

 

 その後一年を経過、自分でもビットコインを所有し、改めて本書を読んだうえで再度作成したチャレンジシート。f:id:no20170416:20170624122845p:image

  最初のシートは、何となく引っかかった表現に自分の感想をのっけただけ。二度目のシートのほうが、受け止め方もこれからの行動についても具体的に記載されています。

 この違いの分だけ、仮想通貨への理解が進んだということでしょう。

 こうなると、来年の今頃はどれだけ知識と経験を上積みできているか楽しみになってきました。

 

引き続き、読書とチャレンジシート作成にいそしみたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

正しいことを求めているうちは難しいのかも。

sura-taro.hatenablog.com

     

 すら太郎さんのすらすら日記はいつもすらすらと読みやすく、それでいて考えるきっかけを与えてくださいます。
 このブログもよかったですね。

 

 自分も学生時代からよく言われるんですよ。

「お前の言うことは正しいんだ、正しいんだよ。でもね~」と言われて却下。

 

 社会人になってからは

「お前は正義感が強すぎる」と叱られることがしばしば。

 ううん、そうかなあ。

 

 その一方、ある人にこんなことも言われました。

「自分はね、もう人をいちいち裁くのはやめようと思うんだよ」

 ああそうか、自分が言っていることって、自分の正義感という物差しで相手を図っているだけなのかもしれないな。

 

 最近異動になった職場では連日中傷や罵倒にさらされているのですが、相手が自分を責める口実というのが、質問にすぐ返事をしないとか、服装がちょっと乱れているとか、休みの前に引継をしていない(していたのだがちょっと齟齬があった)とか。
 

 最後にそいつが「どうだ、俺の言っていることは間違っているか?」と職場中に響くようにまとめるという筋書。

 あなたは遠山の金さんにでもなったつもりですか?

 皆に聞こえるようにってところが芝居がかっていて気分悪いんですよね。 

 

 おそらくすら太郎さんがブログ中で述べられている「正しさ」は自分が例示している「正しさ」とは全く次元が違うのだろうけど「正しさ」を根拠に自分の意見を通そうというのは、危険を伴う考え方なのかもしれない。

 

こういう時はちょっと理系の方の考え方を拝借しましょう。 

 

「筋のよい答え」の見つけ方 | 堀切川一男 |本 | 通販 | Amazon

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41LF1mwOJKL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

 

 問題を丸く解決するのは、正しさよりも筋の良さ、つまり合理性ではないかと思うのです。当事者の中で誰も傷つかない、誰も損しないやり方がきっとあるはず。

 

 ある方はそれを「アウフヘーベン」と表現してネット世界をざわつかせているようですが(笑)。

 

matome.naver.jp

 

 

 

 

【マラソン日記】カーター記念黒部名水マラソン

6月4日に第34回カーター記念黒部名水マラソンに出場してきました。

結果:3時間43分

順位:700位

上位20パーセントに入れたのはうれしいかな。

 

初マラソンから記録を並べていくと

4:17

3:48

3:52

3:43

 徐々に記録を上げているようでもあり、その一方で頭打ちになりつつあるような気もしなくもありませんが。

 そういった印象的なものは都度変わるものなので気にしないでおきましょう。

 

 ランナーサイトRunnetでのこの大会の評価。今年前半でこの結果は素晴らしいの一言ですね。

 

 大会運営は素晴らしい、記録は更新、となれば自分的には大満足のレース。と行きたいところなのですがそうでもありませんでした。

f:id:no20170416:20170618105212j:image

 

 またしてもレース終盤に「悪魔」につかまりペースダウン。

 目標だった給食場でのラーメン、アイスはゲット、おいしくいただけたもののその後足が止まりそうになりました。

 昨年は歩いてしまい大幅にタイムロス。ゴール後トイレのお世話になりました。

 今年はそれだけは避けようと思い、悪魔を背負ったままゴールになだれ込んだ感じ。歩きはしませんでしたがやはりトイレに駆け込みました。

 

 走っている途中でわかるんですよね。給水場でもらった水飲んでももう体が受け付けない、もう飲めない。 

 このままいけば点滴で水補給しなきゃいけない状態まで行っちゃうのかな。

 

 暑さが原因なら身軽なスタイルで走ろうと、今回はタイツもコンプレッションシャツも付けずに走ったのですが、服装が原因ではなかったようです。

 では、これからも熱いレースはこうなるのか、涼しいレースなら更なる記録更新ができるのか。前半もっとスピード落とすべきなのか、練習次第で体質は変えられるのか。

 またまた課題ができました。

 

 次回は10月1日の松本マラソン

 その後金沢マラソン、奈良マラソンも控えています。

 

 楽しくぼちぼち練習積んでいきましょう。

 

またまた仮想通貨

 

 

仮想通貨持っていない一般の人なら、こんな記事みて

「ああ、ビットコインって怪しいんだな、金もうけに使おうとして損している人いるんだな。」と思ってしまうのでしょうね。

 

www.nikkan-gendai.com

jp.sputniknews.com

 例えば、ポケモンで遊びながら運転していて、子供をひき殺したなんて事故があると、だからポケモンはけしからんのだ!という記事が躍る。

 でもそれ以上にお年寄りの運転ミスによる事故のほうが頻度もその被害も大きいんじゃないかな?と思うんだけれども、証明しようとすると何かと検索しなければならない。人気ブロガーの人たちは上手に問題意識の持ち方とデータの収集、分析、提示ができるのだと思う。

 それで、上記の記事、くどくどうんちく並べるよりもまずグラフ三つくらい並べてみれば実態を把握するのが先なんじゃないかと思うんですよね。

 どれだけの期間でもって、どれだけ値上がりし、それがどれだけ下落したのか。

 f:id:no20170416:20170618101449p:image

①ここ一年の過熱ぶりをご覧あれ!

f:id:no20170416:20170618101532p:image

②ここ一か月の値動きといえばこうです。

 f:id:no20170416:20170618101506p:image

③それでもってこの一週間はこう。

 記事にされている暴落、崩壊というのは6月16日のことでしょう。

 

 これまで買い一色で暴騰していた局面が、10日程度のサイクルで上下しています。

 1BTCあたり6万円程度の上下動でしょうか。

  一時の利益確保が目的の人が買いを入れて値段が上昇したのなら、下落が始まった時点でその分だけ売られてしまうのは不思議な話でもないですよね。

 記事を見直してみると、意見を求められた専門家もしばらく上下がある、というコメントを出している一方で記者様はバブル崩壊!という結論に持っていこうとしているようで、なんでそうなるの?と素人ながら思ってしまいます。

 

 ではなんでそんな風に一部だけの情報をやたら吹聴する記事が出回るのか。

 ビットコインをはじめとする仮想通貨についてはまだ全体を俯瞰して述べている元ネタ、というのがありません。

 なので、いまなにが起こっているのか知りたければ、ブログ記事や海外の文献を探すしかないのです。

seihoukei.com

 この方の記事はとても良心的でわかりやすいです。

 新しいサービスや仮想通貨について、ご自身の体験をもとにレポートをアップされています。

 興味深いのは、そもそもこのブログは株式投資やFXでもって収益の確保をもくろみ、そこで得た知見を述べるという趣旨だったものが最近はすっかり仮想通貨一色になっているということ。FXはもうやめられたようで、しかもさほど収益を得られなかったようであること。 

 出典は提示しませんが、イケダハヤト師によればFXに流入している資金は仮想通貨にへのそれと比べてまだ10倍くらいあるということ。

 仮想通貨がこのように定期的に暴騰、暴落を繰り返すのであればまだまだ資金は流れ込んでくるのではないでしょうか。

 

 問題はいつまでこの状態が続くのかということ。

 そもそも仮想通貨というのは決済にかかる手数料を回避するための手段であり、貯蓄するため、利ザヤを稼ぐためのものではなく、その点から考えるといつかは落ち着くのかもしれません。

Amazon CAPTCHA

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/5148pCDvkXL._SL160_.jpg

 それ以上に、今世間で流通している法定通貨と仮想通貨の立場が逆転したら?法定通貨よりも仮想通貨のほうが安全性、利便性に優れているので、そのことに世界の企業や組織が気づき、仮想通貨での決済を勧めるようになったらどうなるのでしょう。

 スマホが表れて10年、ガラケーよりも多くの機能を持つこの端末は社会の景色を変えました。仮想通貨はこの先10年で何をもたらすのかな。

 そう考えると、目先のあぶく銭稼ぎのためだけに保有するのはなんだかもったいない気がしてきました。