サブカル化はどこにでも起こる

www.buzzfeed.com

 国会前でデモしていた若者たちの集団「SEALDs」が解散したのは2016年8月。

 なんだかよくわからない中で盛り上がり、わからないまま解散してしまったように思われたこの団体について興味深い記事が掲載されていた。

 もともとは社会に対する素朴な疑問や不満。このままではいけない、何か行動をと思ってぐるーぐが立ち上がりやがてデモを実施。でも世間との溝は深まるばかりでいき場所を見失いやがて解散。というところでしょうか。

 自分たちの思いは間違っていない、でもなにかおかしい方向に進んでいってしまうし、世間はわかってくれない。批判されるようなことを自分たちはしているのだろうか。

 記事によると、活動が深まるにつれて内輪でしか通用しないルールやマナー、しきたりが増えていき、メンバー間に階層ができたり新参者を受け入れがたい空気ができてしまった。ということのようです。

 

 なるほど。でもこれっていろんな活動でついて回ることですよね。

 自分が学生の時に所属していた体育会系のクラブ。

 道場に入るときはこんなあいさつの仕方をせよ。合宿に行ったらあのお好み焼き屋で盛り上がろう。学生連盟の○○さんを知らない人はもぐりだ。。

 あーめんどくさ。

 

 会社に入ってもそんなことは繰り返されている。

 会社の中の某事業部。

 社内でもちょっと毛色が違うというか、ちょっと浮いている部門。会議で話をしていてもなんだか一人合点しているような発言が多く、質問しても要領を得ない返事しか返ってこないし、なんでそんな風に判断したの?と聞いても事業部内では有名と思われる特定の人物の名前が連呼されるばかり「だって、○○さんが。。」

 はいはい、その人はそんなにすごい人なのね。で、あなたの意見は?と問い詰めてみたい限り。 

 

 サブカル化、というか自分たちの集団を自分たちの色に染め抜く究極の例がこれでしょうか。某有名広告代理店の方の飲み会のありかた。

 

dktkyk.hatenablog.com

 

 赤裸々に内情を教えてくださったこのブロガーさんには感謝してもしきれません。

 同世代の人でも、ある商社の人は飲み会で靴にビール次いで飲むとか、それぞれ独特なカルチャーを持っているようです。

 それによって何がもたらされるのか。

 仲間意識ってものなんでしょうね。

 

 普通に飲み食いするだけでも十分楽しい飲み会なのに、わざわざ激しいパフォーマンスをすることで仲間意識を醸成する。

 効率よく教わればすぐマスターできる仕事なのに、わざわざもったいぶって時間をかけ、叱り飛ばし、この仕事を覚えるのはこんなにも大変なんだぞと思い込ませ、伝統芸能化する。

 最近若くして成功する人たちをよく見かけるにつけ、今までの物事の学び方に何か間違っていることがあるのではないかな、と思うようになってきました。

 

ふるさと納税で被災地支援をしてみたら、ちょっともったいないことになっている件

まずはこのたびの九州豪雨により被害を受けられた方、お見舞いを申し上げます。

 

 

ふるさと納税で被災地支援

 以前はこんな時、テレビで報道される現地の様子を眺めつつ何にもできない自分の無力さを感じていたのですが、昨年よりふるさと納税の仕組みを使って義援金を贈るようにしています。

 

被災地に行ってはダメ、モノを送り付けてもダメ

 被災地のTV報道を眺めるしかない。。と書きはしましたが、それでは一般市民が義侠心に駆られて長靴持って現地に入ったり、テレビで報道される「不足しているもの」をドラッグストアで購入して宅配便で送ったりすればよいのかというとこれも違うんですよね。FP中嶋よしふみさんが毅然と、わかりやすく説明してくださっているのでご覧ください。

 

www.huffingtonpost.jp

 

被災者支援は「被災者ファースト」で粛々と事務的に

 当たり前の話なのですが被災者支援は被災者を支援するために行うわけで。気の毒な被災者に何かしてあげる自分のやさしさに満足したりとか、何もできない自分の後ろめたい気持ちを中和するために行うわけではないのです。

 そのことがわかっていないと、自治体ごとに支援物資積んだトラックを仕立て、発送元と到着先の庁舎前で「出発式」「到着式」を行うとか、グダグダに雑貨を詰めた段ボールを宅配便で発送しようとして断られて逆切れしたりとか、寄せ書きとか千羽鶴とか全く望んでいないものをせっせと作って送り付けたりとかするんですよね。

 今の日本では、お金があれば必要な支援物資は用意できるます。ただし送る道路や、仕分ける場所、配達する車両や人員には限りがある。だからできるだけ効率よく無駄なく作業を行いたい。てんでんばらばらに物資を送られると本当に困るんです。

 

ふるさと納税を使おう

私が使っているのはこのサイト 

www.furusato-tax.jp

 この仕組みを使うと本当にスムーズに事が運びます。クレジットカードの番号を入力してボタンをクリックすればそれで完了です。寄付する人は金融機関や最寄りのATMに出向く必要もありません。

 集める人は募金箱を銀行に持ち込み、精査機にかけたりとか、現金輸送車を手配したりとか余分な手間がかかりません。返礼品は当然辞退するので、募金は全額支援に使われるはずです。

 あえて言えば、自分の所在地への納税額がその分差し引かれてしまうこと、受け入れ側の自治体で証明書を発行する手間が発生するというデメリットはあるのですが。まあ、地元自治体の方には視察旅行減らしてもらえばいいし(笑)、証明書の発行もそのうちウェブデータで処理できるようになるのではないでしょうか。

 

ん?こんなことに使われているの?

鳥取県から頂いた封書

 募金は全額被災地支援に充てられるはず、といった舌の根も乾かないうちにこんなこと言うのもなんですが。

 二週間くらい前に鳥取県から封書が届きました、開けてみたところ出てきたのが

といった印刷物。

ん?なんかこれおかしいんじゃないの?

わざわざパンフカラー印刷してメール便で送ると結構な費用になりますよね。

仮に10000部印刷、発送すると

  • 印刷代、一セット100円として100万円
  • 発送費用、一部100円として100万円
  • 封筒に入れる作業、10人で1日がかりとして8万円

 ウェブで納税した人は当然ウェブ閲覧できるわけだから、お礼の連絡ははがきで済ませ、興味ある人はHP見てくださいね、って誘導すればそれで十分では?

 浮いたお金でブルーシートや毛布買うとか、もし使い切れなければプールして他の被災地に使ってもらうとかすればいいのに。

 

 

使い道の説明が紛らわしい

封筒の中に入っていた“ふるさと納税の使い道”という印刷物を見てみると。

f:id:no20170416:20170709125258j:image

 

ふるさと納税寄付金の活用状況

寄付金額:9,633件 2.1億円

使い道:こども未来基金 0.9億円

    震災支援    0.4億円

    その他振興事業 0.8億円

なんだかこの表記だと、震災支援のために送られた募金が、ほかの事業に流用されちゃっているように見えますよね。

まあ、こんなパンフも同封されているわけで。

f:id:no20170416:20170709125304j:image

  • 震災支援を目的として募られた寄付金(返礼品なし)額       2.5億円
  • 一般の納税(返礼品あり)から震災支援に使われた金額  0.4億円/2.1億円

が正解だと思うのですが。

 

サイトを見ても内訳の説明はなし

鳥取県ふるさと納税サイト」を見てみたのですが、震災支援への御礼は述べられているものの、いくら集まってどれだけ震災支援に充てられたのかよくわかりません。www.tottori-furusato.jp

 

何にモヤモヤしているのか

 自分が民間企業に勤めているためか、説明が的確か、集めたお金がどのように使われているかということには敏感になってしまいます。送ったお金はできるだけロスなく使ってほしいという思いからふるさと納税という効率的な仕組みを使ったわけで、使う側でも効率よく、透明に使っていただければ、という願望をもってしまいました。

 知事さんのキャラも含めて、好きなんですけどね、鳥取

 

新しい動き、社会問題の解決にふるさと納税の仕組みを

話題を変えましょう。

 この件で改めて「ふるさとチョイス」のサイト内をいろいろ見ていたら、興味深い動きがあることに気付きました。

 

犬猫支援も、ふるさと納税

  先週、ふとしたことからこんな本に出会いました。

diamond.jp

Amazon CAPTCHA

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Wb7rhmb3L._SL160_.jpg

書名:世界のアニマルシェルターは犬や猫を生かす場所だった

著者:本庄萌

出版社:ダイヤモンド社

 読んでみたところ日本での犬猫の殺処分数が世界的にみてダントツに多いという恥ずべき状況であるとのこと。自分にも何かできることは、と思って支援団体に月々1,000円銀行振込することにしました。

 ふるさと納税でも、犬猫支援できるんですね。

広島から全国へ!殺処分0にご支援を | ふるさと納税のクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

 

 社会問題を解決するためのNPOを支援する募金を、所在する自治体へのふるさと募金の仕組みを使ってできるようになっているんですね。これはすごい、便利だ!!

 

まとめ

 いろんなことに手間を重ねてしまう、それも相手目線ではなく自分の満足のために手間を増やしてしまう日本流の仕事の仕方がこの問題のもとになっているのかなと思いました。

 その一方、ふるさと納税という仕組みがどんどん間口を広げて、人々の善意をくみ上げていくシステムになっていることを知ることができたので良かったです。

 

 

 

勝手に負け組になっていく日本で、負け組の行き場はない

www.from-estonia-with-love.net

 

20年間一人負けを続ける日本。。

 周囲が変化、進歩し続けている中で自分だけ変わろうとしなければ、それは退化していることに等しいといいます。このブログで紹介されている事実というのは、代わろうとしない日本が世界から取り残されている、ということだと思うのです。

 

 同じ会社に20年近く勤めていた技能系の職員、職場からの要求がどんどん厳しくなり、とうとう仕事を辞めてしまいました。それでいざ再就職を、と思っても仕事がありません。世間は人手不足なのになぜ?

 その人は20年間、命じられた時間に出社、命じられた低スキルの仕事をぶつぶつ言いながらこなしていただけだったのです。

 そんなことはない、その仕事は習得するのにとても時間がかかったし、間違えるとひどく叱責をされた。早朝や深夜の勤務もあるし、休みを思いのまま取得することもできない。そんな自分の何が悪かったんだ?

 こんなこと言う日本人は多いと思われますが、大きな思い違いがあります。

 業務の習得に時間がかかることと、その業務の難易度は比例しません。

 難易度の高い仕事であってもやりようによってはすんなり習得できるし、その逆もあるのです。自動化できるところは自動化し、先輩がしっかりコーチングを行い、問題があれば直ちに対策を打ち、その結果を職場で共有。そのサイクルを最速で回せる職場かどうか?

 仕事の進め方は属人的、説明は口頭のみだが要領が悪くてとったメモを見返してもなんだかわからない。間違えやすいポイントは?と尋ねてもまともな返事が返ってこない。ミスをするといきなり怒鳴りつけられ、再発防止策は本人の自覚のみ、物的な改善ができても職場内に周知されていないのでまたミスが起こってしまう。

 冗談みたいな話ですがこのような職場はまだ存在します。

 このような職場に長く勤めていると、心のゴムが伸び切ってしまって感性が鈍くなってしまいます。そうでないと心がすり減るばかりなのでやむを得ないともいえるのですが、この環境に適応仕切ってしまうと自分で考え、行動することができなくなってしまいます。

 会社から給料をもらうということは、何かに対して報酬をもらうということ。この職場の職員は、自分の時間を会社から求められたとおりに差し出すことと、不条理を受け入れることの対価として給料をもらっているのです。

 いや違う、そうじゃない、自分はそれなりの技量、知識をもっているんだ、と言いたくなるのもわかるのですが、長年かけて培ったノウハウというのがその職場内での根回しのプロセスとか、雑然と並べられた道具、器具の中から必要なものを見つけ出す勘とかだったします。

 寡聞にして他の国の職場の状況は知らないのですが、日本ではこのような吹き溜まった職場環境で仕事をしている人が存外多いのではないでしょうか。そりゃ世界に取り残されるわ。

 20年会社にガマンと時間をささげた人は、その20年間で賃金の他に何を得たのでしょうか?

 

 

わかりやすさに流れている実態をわかりやすくわからせるには

togetter.com

先日トゥギャッターで見た記事、気になって何度も見直した。

 政治の話かと思いきや、もっと身近な話。我々は物事をどうとらえ、どう判断しているのか、という話題だった。

自転車の例え

自転車について説明してください

こういう問いかけをした場合、どのような答えが返ってくるか。

自分の中の自転車の思い出とか、部品の名前とか、買ったお店とか有名ブランドとか自転車レースのヒーローとか。

そういった断片的な知識がまず返ってくると思う

では質問の仕方を変えてみよう

  1. 自転車はどうやって走るのか
  2. 自転車屋を始めるにはどうするか
  3. 自分が自転車屋の主人だとして、売り上げを伸ばすにはどうするか
  4. 自転車メーカーの担当者だとして、次世代の自転車を開発するとしたらどうするか

 

少し質問を具体化するだけで、頭の働き方が変わってくるのではないだろうか。

質問1に対応するには、自転車の部品の名称、そしてそれらがどう組み合わさって働くことで自転車が動くのかという、知識の構造化が必要になってくる。

質問2については、自転車の構造よりも起業のノウハウが必要。お金、店舗、人材の確保や諸手続きの進め方がわからないと実現できない。

質問3は店舗の運営ノウハウなのでこれまた違う技能が必要だし、質問4になると自転車ではないものを作ることが正解になる可能性もある。ここまでくると、自転車の話はどこに行っちゃったの?という領域まで進んでしまう。

 

 ビジネス本で薦められている考え方の多く(赤羽雄二さんの本は特に)は、このように疑問を細分化し、深く掘り進め、何をするべきかを選択して実行しましょう。というものが多いようだ。

 自分はこんな考え方でもって課題を分析し、職場でもこうしませんか?と投げかけているつもりなのだがいつも反応が薄いというか受け流されてしまう。

 それはなぜなんだろうか。

 

わかりやすい意見のほうが通りやすい

 

togetter.com

 

 

物事の判断基準には、わかりやすさが大きくものをいう。

なので政治家が選挙で勝つために必要なのは、わかりやすいアピールをすること。

 有権者の大部分は政策の正しさよりも、候補の印象でもってどちらに投票するかを判断しているし、冒頭の記事によると有権者は政策で判断していると思いつつも実は印象に流されているという研究結果もあるそうだ。

 最近の大きな選挙はその傾向が顕著なのかもしれない。自民党都民ファーストの会はさほど考え方に違いはなく、その一方で奢れる自民、清新な都民フという印象の違いが結果に影響してしまった。投票日間際に次々と自民側に不利な出来事が起こったのがその傾向に拍車をかけた。

 でもこれは政治の世界だけではなく自分の職場でもよくあることで、同じ失敗をしても怒られる人と叱られる人がいたり、意見を言ってもすんなり通る人とそうでない人がいるが、それはその人の行動や考え方以上に、わかりやすさやそこから醸し出される印象がものを言っているのだろう。

 

わかりやすさに流されていることに気付けば、流されにくくなる

 なんだか言ってることはおかしいんだけど、何となくそっちに流されてしまう状態から脱却するためには、なぜ流れていくのかをよく考えること、流暢性を感じる理由を突き止め、流されないようにすることが重要だし、そのような考え方を身につけるにはコンサルタントの著書などで自分お考え方の癖を見直してみるとよいのだと思う。

 ただし自分一人が考え方を直しても、何となく流されてしまう職場の雰囲気自体を変えるにはさらなる仕掛けが必要なわけで、わかりやすさに流れている実態をわかりやすく説明するという一見矛盾したプロセスを経ないと、ダメなんだろう。

 まあぼちぼち続けていくとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【3年後に結果を出すための最速成長】⑥P48-P52 AIの圧倒的進化と普及 

本書で述べられている内容

AIなんてわからない、と食わず嫌いするのはやめよう。

仕組みはわからなくともメールやネット使いこなせるように、AIの使い道について考えていれば、だんだんわかって来るものがある。

成長するためのヒント

Q1.AIの進化は、自分にとってどのような脅威をもたらすか?

 職場でどんな時間の使い方をしているかバレバレになりそう

 何となく作成しt離押印していた書面が不要となり、仕事が減る

Q2.AIの進化はどこを見ておけばよいのか

 どんな業務ができるようになったか、人間的な機能が取り込めたか

 どの企業が参入してきたか

 Googleやアマゾンといった企業は関係しているか

Q4.AIの進化が遅れるとしたら、どういうことが考えられるか・

 機械を購入するには費用が掛かる

 仕事がなくなる人が不穏な動きをする

 法令上クリヤにならない事象が発生する

 セキュリティの問題、AIが取り込んだ情報が第三者に流れないような措置はできているか?

Q5.AIの進化をうまく活用するには?

 体質の古い会社に勤めているのでさくっとは進まないと思う。

競合他社の動向を見極め、上司にて営業中。

 

 

【3年後に結果を出すための最速成長】➄P43-P45 今後10年で、新たに生まれる仕事 

5回目です

本書で述べられている内容

  • テクノロジーの進展に伴い、エンジニアやプログラマーの仕事は増える
  • AIが人間に指示を下すようになる
  • 技術の発展と世の中の流れに注目すると新しいビジネスチャンスが見つかる
  • とはいってもそうそう新しい仕事が生まれないかもしれない
  • 環境の変化にショックを受ける人もいるだろう
  • いろんな仕事がどんどん機械に置き換わるので気が気ではない

 

自分なりの考察

今日の日経の経済教室にもあるのですが。

www.nikkei.com

 これからの世の中、機械を用いて経済的合理性を追求しようという流れはますます速まるとは思うのですがここでちょいと過去を振り返ってみましょう。
 90年代のITブームの際も、業務の簡略化はできた一方、いらなくなった人材をそうそう簡単に解雇することもできず、結果米国と比べて低い生産性に甘んじていたそうな。

  消費税上げるとか医療費の自己負担割合とか年金の受給開始年齢とか、正しいとはわかっていても実現に至らない、社会情勢が許さない、などということはおそらくいくらでもあるでしょう。
 

成長のためのヒント

Q1.AI、ロボットの発展により生まれる仕事

 ロボットの意図を解説、説明できる人材

 AIが進化すると、正しいのだけれどなぜそうなるか説明してくれない、という状況になるらしい。その辺を埋めてくれる人材が重宝されるのではないか。

Q2. 新しい仕事を予想するには?

 今のところ生かし方がわからないけど、使いようによっては資産になるかも、というものを探してみる。
 PCの空き容量、林の中の枯れ枝、保護されている捨て犬、介護施設のお年寄り、駐車場に止まったままの自家用車、使われない公園、陳列されたまま買ってもらえないプラモデルなど。

Q3.新しい仕事に気付くチャンス

 お客様が困っていることを知る

 似ているようでいて似ていない仕事を比較してみる 

 Q4.AIやロボットはどんなきっかけで進歩が加速するか

 いわゆるキャズムを突破するとき

 何となくは知っていたけど、実際使うまでに至らなかった、でも使ってみたらよかった!というストーリーがあれば広まる。

 デジカメは、ハイブリッド車は、スマホは、学習塾は、果たしてどんなきっかけで普及進化したのだろう。

大きなイベント、もしくは災害や紛争がきっかけになるのではないだろうか。

Q5.急激な進歩に人々の気持ちがついてこれるか

 民主党改革みたいな動きにはなると思う。最初は拍手喝采で迎えるがそのうち、おいおいなんか違うな、というリアクション。それから生身の人間のリベンジが来るか、形を変えて継続されるのか。

【3年後に結果を出すための最速成長】④P40-P43 今後10年でなくならない仕事の条件とは? 

本書で述べられているポイント

  • 機械やAIに置き換えられない仕事はあり、それは当面残る
  • 他の人にはない価値を提供できる人は生き残れる
  • 芸術的な創作に関わる仕事は残る
  • 次々と新しいスキルを身につけ、他人より早くアピールできれば生き残れる
  • ただし、何が残るか予想することはたやすくないし、他の部門から流入する人材もいるので安閑とはしていられない

 

自分なりの考察

 本書の説明では、機械に置き換えられない価値のある仕事は残る、ただし何がそれか見出すのは難しいとあります。しかし実際には、機械に置き換える価値のない仕事もまた残るのではないかと思っています。

 機械化すれば何でもコストダウンできるってもんじゃないと思うんですよね。

 現金自動支払機、つまりATM。

 銀行の窓口の職員の負担減ってよかった!となっているのでしょうか?

 機械自体安くはないし、お金を仕込むのは外注の業者。警備会社にもずっと張り付いてもらっているし、機械にトラブルが発生するとそれらの業者に緊急出動させてる。ATM手数料を取っていない銀行はきっと、赤字で運営しているんじゃないかと思う。横並びでやむをえず運営している、と推測しています。

 駅の自動改札、高速のETCもなんだかんだで初期投資や運営費はそれなりにかかっているんじゃないかな。それでも運用しているのはそれらからいろんなデータをとれるから、機械なら決めたルール通りに動いてくれるから。だから、ただ効率アップだけを見込んで機械導入とか言ってても難しいのではないのかな。

 あと、AIの欠点として、人間よりも全体を俯瞰して最善のアイデアは出してくれるものの、なんでそうなるかAIは説明してくれない、というのがあるそうで(NHKスペシャル2017.6.25)、そのあたり人間にしかできないことはあるのだと思う。

 

成長するためのヒント

Q1.自分の周りでなくならない仕事は?

 低報酬の単純作業は結構残るんじゃないかと思う。

 いわゆる業界団体に鎮座ましましている人はそうそう仕事なくならないように思う

 林業。凸凹の地面を歩き回って枝を払い、人間より低コストのロボットは出来るか?

 言ってることはめちゃくちゃだけど何となく腑に落ちることを言ってくれる人

 (職業ではないな)

Q2.AIやロボットに置き換われない仕事

 お手本ではなく、反面教師的な存在

 アイコンタクト、斟酌する能力が必要な仕事

Q3.自分はどういう仕事にシフトしていくべきか?

 ひらめくことと、地道な作業の両方ができるので、一人完結できる仕事?

 黙々と荒れ地のごみを拾う仕事とかもそんなに苦も無くできると思う

 マツコさんみたくバッサリ切る役目もできると思う

 (これも、職業ではないな。。)

Q4.AI,ロボットに仕事が置き換えられるときの摩擦をどう減らすか

 置き換えられる前に、この仕事って必要なの?機械にやらせる以前にいらない仕事は機械にやらせないようにしようよ、という波が来ると思う。

 それでもって、今抱えている仕事をロボットに引き渡すとともに、ボランティアしてもらうのが一番いいんではないかな。いやいや惰性でやりながら報酬をもらう毎日から、お金はもらえないけど感謝してもらえる日々に切り替えることができれば素敵なのではないかと。

Q5.仕事がなくなった人には何が向いていそうか?

 上の質問同様、ボランティア的な人に感謝してもらえる作業。

 保健所に収容されているワンちゃんを散歩させたり、施設に連れて行って子供やお年寄りと触れ合ってもらう仕事なんかいいと思う。